よくあるご質問(FAQs)

[1.会社買収/会社売却支援(M&A支援)についてのQ&A]

 

 

Q1. 会社の買収/売却について、どのような実績があるのか?

 

A1. 国内のM&Aはもちろん、クロスボーダー(日本⇔東南アジア間)のM&Aについてもファイナンシャル・アドバイザーとして案件を成約させてきただけでなく、買い手として300件以上の買収案件に関与し、約50億円の買収を成功させてきた実績を持つプロフェッショナルを擁しています。

M&Aのアドバイザーの中でも、自ら買い手を経験してきた者は少なく、より価値あるご支援ができるものと理解しています。

 

 

Q2. 会社の買収や売却(M&A)というものを社内の誰も何もわかっていないが、そのような状態でも相談できるか?

 

A2. もちろん可能です。M&Aにはとかく複雑な専門用語が並びがちになりますが、弊社はゼロから、あるいはごくごく初歩的な内容から、わかりやすくご説明してご理解を深めていただきます。

 実際に取引を進める場合にも、しっかりとご理解を深めていただいたうえで、進めてまいります。

 

 

Q3. 会社を買収したいが、買収資金が足りない。それでも相談してよいか?

 

A3. ぜひご相談ください。必要に応じて金融機関等をご紹介し、買収資金調達のご支援をします。

 

 

Q4. 会社の業績が悪いので売れないと思うのだが、会社売却の相談をしてよいか?

 

A4. ぜひご相談ください。

一般論で言えば、業績が悪いほど、買い手候補が少なくなりがちですが、他方で足もとの業績にかかわりなく、業種や地域に着目して「買いたい」と考えられる方もいます。

ご自分で無理だと判断してしまうのではなく、まずはご相談いただき、可能性を探りましょう。

もちろん無料でご相談をお受けします。

 

 

Q5. 小さい会社なので売れないと思うのだが、会社売却の相談をしてよいか?

 

A5. ぜひご相談ください。一般論で言えば、売上高が小さい(たとえば、1億円以下等)ほど、買い手候補が少なくなりがちですが、他方で事業規模にかかわりなく、業種や地域に着目して「買いたい」と考えられる方もいます。ご自分で無理だと判断してしまうのではなく、まずはご相談いただき、可能性を探りましょう。もちろん無料でご相談をお受けします。

 

 

Q6. 会社の買収/売却支援の報酬はどの程度か?

 

A6. それぞれ会社買収支援ページ及び会社売却支援ページ及びに報酬にかかる表を記載していますのでご参照ください。

 

 

Q7. 買収を検討している会社の株式価値評価(株価算定)を頼みたい。

 

A7. ぜひご相談ください。

案件の概略を伺い、お見積もりいたします。

弊社は多くのM&A案件で株式価値評価の実績を積んでおり、迅速かつ適切に評価を行います。

詳細は株式価値評価のページをご参照ください。

 

 

Q8. 別途のアドバイザーで買収を進めているが、財務調査(デューデリジェンス)を頼みたい。

 

A8. ぜひご相談ください。

報告時期及び案件の概略に基づき個別にお見積もりいたします。

弊社は多くのM&A案件でデューデリジェンスの実績を積んでおり、迅速かつ適切な調査が可能です。

 

 

Q9. 平日は相談が難しいのだが、土日に相談してもよいか?

 

A9. 土日のご相談も承っております。土日のご相談をご希望の場合は、メール又は問合せフォーム(下記「お問合せ、ご相談はこちら」ボタンを押すと表示されます。)にてご希望の日時をお知らせください。

 

 

Q10. 相談のタイミングはいつごろが適切か?

 

A10. お早めにご相談いただくことをお勧めしています。お早めにご相談いただければ、時間をかけて方針を練ることも、方針に合わせて対策を打っていくことも、あるいは逆に迅速に動くことも可能です。
 「実際に検討するのはまだまだ先だ」とお考えの場合でも、まずは早めに、お気軽にご相談いただくのが成功への近道と考えます。

 

 

Q11. 相談無料とあるが、相談の結果契約しないことになってもよいのか?

 

A11. 弊社のサービスが必要ないとご判断された場合には、もちろんご契約いただかなくてかまいません。

 

 

会社売却/買収(M&A)と株式価値評価、財務デューディリジェンスの専門家、株式会社しのびうむ
 
 

[2.デューデリジェンスについてのQ&A]

 

 

Q1. デューデリジェンスについて、どのような実績があるのか?

 

A1. 主なものだけでも、50件以上のデューデリジェンスを実施してきています。これまでの主なお客様は国内上場企業ですが、国内上場子会社、海外上場会社、未公開大手~中堅企業まで幅広くお付き合いがございます。

また弊社のプロフェッショナルはバイアウトファンドにて、自らが買い手/投資家の立場を経験してきたことや、大手の会計ファームを中心にデューデリジェンスを委託する立場も経験してきたことから、M&Aを実施する買い手が必要とする情報や、高品質のデューデリジェンスの在り方を熟知しています。

多くの会社がデューデリジェンス業務を提供していますが、ここに他社には真似できない弊社の強みがあります。

 

 

Q2. 価格は高くないのか?

 

A2. リーズナブル価格でお引き受けできます。これは、大手の会社では価格にどうしてものれん代(グループの上納金)が上乗せされてしまう一方で、弊社ではそのような上乗せが不要であるという事情もあります。

弊社は必要なポイントを押さえた高品質なデューデリジェンスを、ご満足いただける価格でご提供できます。

もっとも、弊社は安かろう悪かろうのデューデリジェンスは実施しませんので、質を問わずとにかく安いものを求める方は、恐れ入りますがご遠慮ください。

 

 

Q3. デューデリジェンスに使える資金に限度がある。それでも相談してよいか?

 

A3. ぜひご相談ください。対象会社や業務の範囲をご相談の上、無料で個別にお見積りをします。業務範囲を絞ることで、金額を抑える等のご提案も可能です。

 

 

Q4. デューデリジェンスを実施するかどうかも決めていない。それでも相談してよいか?

 

A4. ぜひご相談ください。実施の必要性の有無から、無料でご相談をお受けします。

 

 

Q5. 平日は相談が難しいのだが、土日に相談してもよいか?

 

A5. 土日のご相談も承っております。土日のご相談をご希望の場合は、メール又は問合せフォーム(下記「お問合せ、ご相談はこちら」ボタンを押すと表示されます。)にてご希望の日時をお知らせください。

 

 

Q6. 相談のタイミングはいつごろが適切か?

 

A6. お早めにご相談いただくことをお勧めしています。M&Aは相手のある取引ですので、必要な手続きを速やかに進める必要があります。競合の買い手候補がいる場合には尚更です。弊社はもちろん迅速に対応させていただきますが、それでもお早めにご相談いただければ、スケジュールを確実に確保し、方針をしっかり練って効果的かつ効率的なデューデリジェンスを実施できることになります。
 「実際にデューデリジェンスを実施するのはまだまだ先だ」とお考えの場合でも、まずは早めに、お気軽にご相談いただくことをお勧めします。

 

 

Q7. 相談、見積無料とあるが、相談の結果契約しないことになってもよいのか?

 

A7. 弊社のサービスが必要ないとご判断された場合には、もちろんご契約いただかなくてかまいません。

 

 

会社売却/買収(M&A)と株式価値評価、財務デューディリジェンスの専門家、株式会社しのびうむ

[3.株式価値評価についてのQ&A]

 

 

Q1. 株式価値評価(株価算定)について、どのような実績があるのか?

 

A1. 国内上場企業、国内未公開大手企業、外資上場企業グループ及びスタートアップ企業を中心に、50件以上の株式価値評価(株価算定)を実施してきています。またバイアウトファンドにて、300件以上の買収案件の評価を実施してきています。

その他にも、自らが買い手/投資家の立場を経験してきたことで、M&Aのプロセスを意識した最適な評価や、評価結果が持つ意味を踏まえたアドバイスを提供しています。

多くの会社が株式価値評価業務を提供していますが、ここに他社には真似できない弊社の強みがあります。

 

 

Q2. 価格は高くないのか?

 

A2. リーズナブル価格でお引き受けできます。これは、大手の会社では価格にどうしてものれん代(グループの上納金)が上乗せされてしまう一方で、弊社ではそのような上乗せが不要であるという事情もあります。

弊社は必要なポイントを押さえた高品質な評価、報告を、ご満足いただける価格でご提供できます。

もっとも、弊社は安かろう悪かろうの株式価値評価会社ではありませんので、品質は問わず1円でも安いものを求める、との志向の方は恐れ入りますがご遠慮ください。

 

 

Q3. 株式価値評価に使える資金に限度がある。それでも相談してよいか?

 

A3. ぜひご相談ください。対象会社や業務の範囲をご相談の上、無料で個別にお見積りをします。業務範囲を絞ることで、金額を抑える等のご提案も可能です。

 

 

Q4. 株式価値評価を社内で実施するか、社外に依頼するかも決めていない。それでも相談してよいか?

 

A4. ぜひご相談ください。実施の必要性の有無から、無料でご相談をお受けします。

 

 

Q5. 平日は相談が難しいのだが、土日に相談してもよいか?

 

A5. 土日のご相談も承っております。土日のご相談をご希望の場合は、メール又は問合せフォーム(下記「お問合せ、ご相談はこちら」ボタンを押すと表示されます。)にてご希望の日時をお知らせください。

 

 

Q6. 相談のタイミングはいつごろが適切か?

 

A6. お早めにご相談いただくことをお勧めしています。M&Aは相手のある取引ですので、必要な手続きを速やかに進める必要があります。競合の買い手候補がいる場合には尚更です。弊社はもちろん迅速に対応させていただきますが、それでもお早めにご相談いただければ、スケジュールを確実に確保し、方針をしっかり練って効果的かつ効率的な株式価値評価を実施できることになります。
 「実際に株式価値評価を実施するのはまだまだ先だ」とお考えの場合でも、まずは早めに、お気軽にご相談いただくことをお勧めします。

 

 

Q7. 相談、見積無料とあるが、相談の結果契約しないことになってもよいのか?

 

A7. 弊社のサービスが必要ないとご判断された場合には、もちろんご契約いただかなくてかまいません。

会社売却/買収(M&A)と株式価値評価、財務デューディリジェンスの専門家、株式会社しのびうむ
 

[4.経営者の次世代型相談相手についてのQ&A] 

 

Q1. どんなことを相談できるのか?

 

A1. 経営・事業の方向性と戦略から、個別の経営判断、人事の問題、事業承継や後継者問題、あるいは銀行等金融機関との調整・交渉等の事業に関することのほか、ご状況によりもっとプライベートなことまで、とにかく経営者様が抱える悩みで身近な人に相談できないことを何なりとご相談ください。

 まずはもやもやとした悩みを解消していただき、次に事業上の課題に取り組んでいくことが、よりよい経営をして成果を上げていくための近道であると考えています。

 

 

Q2. 顧問税理士・会計事務所やいわゆるエグゼクティブコーチとは何が違うのか?

 

A2. 顧問税理士・会計事務所やコーチは経営者様の相談相手となるために求められる能力を断片的にしか有していないか、発揮していません。

一方、弊社で経営者様の相談相手を務める代表の宮野は、以下の能力を総合的に発揮できます。

つまり、

  • 経営実務・ビジネスに精通し

  • 経営者の立場・気持ちがよくわかり

  • 経営補佐・参謀・コンサルティングのノウハウを蓄積し、かつ

  • 必要な時すぐにご相談に乗ることができます。

 

 税理士や会計事務所では、経理のことはよくわかりますが、ハイレベルな経営の相談相手にならない場合が多いことはすでにお気づきのことと思います。

 いわゆるエグゼクティブコーチは、概ね月に2回程度、定期的に「コーチング」の技術に基づくセッションを行うのみ(それもごく短時間)で、またテーマを絞って取り組んでいくことから、経営者が日々の活動の中で時に突発的に負担する悩みをタイムリーに相談、解決することとは難しくなります。また、コーチはビジネスをよく理解しているとは言い難いでしょう。

 さらに言えば経営コンサルタントは、第三者の立場から経営上のアドバイスをすることが本分であって、社内の事情に首を突っ込むことはしないため、なかなか相談相手とはなりません。

 経営者仲間にも、社内の事情などを含む悩みをオープンに話すのは憚られます。

 

 経営実務やビジネス(経営管理など数値面ももちろん)の理解が十分で、また経営者の立場、大株主(オーナー)の立場、社長補佐の立場、コンサルタント的な立場などを広く経験しており、銀行等金融機関の考え方も熟知しているプロフェッショナル。さらに相談相手としての資質やスキルも十分で、なおかつ悩みが生じれば直ちに相談できる相手。しかも守秘義務を遵守して。

それが果たせるのが次世代型の経営者の相談相手であり、弊社しのびうむです。

 

 

Q3. すぐに相談に乗るとあるが、「すぐ」とはどの程度なのか?

 

A3. 何らかのお悩みを抱えられた際、その場でご連絡をいただければ、即面談のスケジュールを調整いたします。したがってスケジュールがうまく合えば、最短でその日にご相談に応じることが可能です。

 なお、特にお急ぎの場合、Zoom、Skypeや電話にてご相談を承ることも可能です。

 

 

Q4. 相談の時間はどの程度か?

 

A4. 一回につき最大半日を確保します。お悩みや課題に応じてじっくりとご相談いただくことが可能です。

 この点、一度に1時間程度のセッションを行うのみの一般的なエグゼクティブコーチとは大きく異なり、具体的なお悩みの解決のお役に立つことができます。

 なお、プランによっては月に1回~2回、ご要望に応じて最大丸1日の時間を確保します。

 

 

Q5. 初回相談無料とあるが、相談の結果契約しないことになってもよいのか?

 

A5. 弊社のサービスが必要ないとご判断された場合には、もちろんご契約いただかなくてかまいません。

 

 

Q6. しのびうむは東京都所在の会社のようだが、地方の会社でも対応可能か?

 

A6. 原則として対応可能です。お気軽にご相談ください。移動所要時間等の関係で、どうしても難しい場合にはご相談させていただきます。

 

 

Q7. 平日は相談が難しいのだが、土日に相談してもよいか?

 

A7. 土日のご相談も承っております。土日のご相談をご希望の場合は、お電話、メール又は問合せフォーム(下記「お問合せ、ご相談はこちら」ボタンを押すと表示されます。)にてご希望の日時をお知らせください。

 

 

Q8. 相談のタイミングはいつごろが適切か?

 

A8. お早めにご相談いただくことをお勧めしています。お早めにご相談いただければ、時間をかけてご相談にのることも、あるいは迅速な打ち手が必要な場合に即動くことも可能です。
 弊社へのご依頼自体、まだまだ真剣に検討しているわけではないという段階の場合でも、まずは早めに、お気軽にご相談いただくのが安心への近道と考えます。

 

 

Q9. 興味があるが、どのように進めたらよいか?

 

A9. まずはお問い合わせください。

 お問い合わせページのフォームよりご連絡いただくか、電話(03-4455-3475)もしくはEメール(info@shinobi-um.com)にてご連絡いただけましたら、弊社サービスの簡単なご説明を差し上げます。

秘密は厳守いたします。

そのうえで、無料にて一度面談(Zoom、Skypeや電話によることも可能です。)をさせていただきます。

その場でご相談いただいて構いません。

 

相互の理解と現状の共有ができましたら、弊社のご支援が必要かどうか改めてご検討いただき、もし必要となりましたら、最適なプランについて協議させていただき、ご選択いただいてお申し込みをいただくこととなります。

 

 

Q10. 相談相手ではなく、社外役員(社外取締役/社外監査役)として来てもらいたいが可能か?

 

A10. 一定数の会社様に限りますが、原則として可能です。別途お問い合わせください。

 

会社売却/買収(M&A)と株式価値評価、財務デューディリジェンスの専門家、株式会社しのびうむ
 

[5.講師派遣についてのQ&A]

 

Q1. どのような分野の講師を依頼できるか?

 

A1. (1)経営者が経営の現状を知って改善に生かしたり、営業部門等が適切な判断基準を身につけるための経営管理会計や、(2)M&Aの実務関連、(3)会社(株式)の価値評価の方法、(4)投資ファンド(バイアウトファンド)の実務などが主な分野となります。周辺分野についても柔軟に対応しますのでお気軽にお問合せ下さい。

 

 

Q2. 経営や会計の初心者に対する講義も依頼できるか?

 

A2. もちろん可能です。ごくごく初歩的な内容から、応用的な内容まで、個別にご希望を伺って講義を組み立てます。

 

 

 

Q3. 実績はあるのか?

 

A3. 早稲田大学オープンカレッジや、大前研一先生主宰のビジネス・ブレークスルー大学大学院MBAカリキュラム内での講義実績があります。また企業様においても、企業価値評価等のテーマで講義をさせていただいております。

 

 

Q4. 集合研修の場合、何名が同時に受講できるか?

 

A4. 各受講者様の理解を深めることを重視し、受講者様と講師のやり取りを積極的に取り入れる場合には、20~30名程度までとするのが適切です。
理解度のほぼ同じ方々に対して、講師から講義を提供することを主とする場合には、それよりも多い人数でも問題ありません。

 

 

Q5. 講師料はどの程度か?

 

A5. 個別に無料にてお見積もりをしますので、お気軽にご相談ください。

 

 

会社売却/買収(M&A)と株式価値評価、財務デューディリジェンスの専門家、株式会社しのびうむ

会社売却/買収(M&A)と株式価値評価、財務デューデリジェンスの仕事人組織 : 
陰に忍んで価値を生む、株式会社しのびうむ。